【テンプレあり】アフィリエイト記事が書けない8つの理由を全て解決!

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

今回はこんな悩みにお答えします!

この記事では、初心者でもスラスラと記事をかける方法や、スラスラと記事を書くためのテンプレートについて解説します。

この記事を読めば、初心者でもアフィリエイト記事を自信をもってスラスラ書けるようになりますよ。

それではさっそく始めましょう!

目次

アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと 

アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと

記事を書き始めようとしても、何を書いたらいいか全く思いつかないことがあると思います。

実は記事を書く前にやっておくべきことがあるんですね。

私は事前にこの手順を踏んでおくことで「何を書こうか?」と迷うことが無くなりました。

その手順は以下の通りです。

【記事を書く前にやっておくべきこと】

  1. テーマを設定する
  2. 想定読者を「過去の自分」に設定する
  3. キーワードを選定する(記事内容を決める)
  4. キーワードからニーズを抽出する
  5. 記事の文章構成を決める

以下に深掘りします。

❶テーマを設定する

まず最初にやることは、アフェリエイトのテーマを設定しておくことです。

テーマを設定しておくことで、記事の方向性を決めることができるからです。

例えば友達と旅行に行く場合、事前に「アクティビティをやる」とか「温泉に入る」、あるいは「カニを食べに行く」といったことを決めておけば、行くところが決めやすくなります。

ブログもこれと同じで、テーマを事前に設定しておくことで、記事が書きやすくなるわけです。

★テーマは2個~3個に絞ろう

あまりたくさん設定すると、何を書くか迷ってしまいますので、テーマは2~3個に絞るようにしましょう。

例えば当ブログのテーマは、

「ブログ」

「アフィリエイト」

「WordPress」

の3つに設定しています。

まず最初に、アフィリエイトのテーマを設定することから始めてみて下さい。

❷想定読者を「過去の自分」に設定する

テーマが決まったら、記事の想定読者を決めます。

想定読者を決めることで、

・どんな悩みを持っていそう

・どんな記事を書けば悩みを解消できるか

が分かるので、記事を書く方向性が定まりやすくなります。

★想定読者は「過去の自分」がおすすめ

理由は、「過去の自分」であればリアルに読者が抱える悩みを想像できるからです。

『でも、「過去の自分」で本当にいいの?』と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

みゆき

「過去の自分」と同じ悩みを抱えている人って、結構いるものですよ!

2番目には想定読者を「過去の自分」と設定するということです。

❸キーワードを選定する(記事内容を決める)

テーマが決まり、「過去の自分」を想定読者として設定したら、次に記事の内容を決めます。

記事の内容を決めるため「キーワード」選定をしましょう。

なぜなら、読者の悩みや疑問が「キーワード」に凝縮されているからです。

キーワードに込められた悩みを解決する

アフィリエイトでは、キーワードに凝縮された読者の悩みや疑問を解決できる記事を書く必要があります。

なぜなら、読者の悩みや疑問を解決できる、わかりやすい記事を書くことで、検索結果で上位表示され、アクセスを集めることができるからです。

Google検索_キーワード

例えば、この記事は「アフィリエイト 記事 書けない」というキーワードで記事を書いています

キーワード「アフィリエイト 記事 書けない」に凝縮された読者の悩みを次のように想定しました。

・アフィリエイトでスラスラと記事を書けるようになりたい

・アフィリエイトの記事が書けなくて困ってる

・どうして書けないのかもよくわからない

これらの悩みを解決すべく

・アフィリエイト記事を書く前にやるべきこと

・アフィリエイト記事が書けない理由

・「アフィリエイト記事が書けない」への対処法

といった内容の記事を書いているわけです。

このように、キーワードが決まれば書く内容が決まります

キーワードの探し方は?

それではキーワードはどうやって探すのか?

キーワードを取得する場合にはラッコキーワードを使うのがオススメです。

キーワードを入力することで、関連キーワードも併せて取得できるので大変便利ですよ。

ラッコキーワード

ラッコキーワードの使い方は以下の記事を参考にしてください。

1キーワード・1記事を徹底しよう

ブログの記事作成では、1つのキーワードに対して1つの記事を書くことが原則です。

なぜなら、1つの記事に複数のキーワードの内容を入れこんでしまうと、Googleが何の記事か判断するときに困ってしまうからです。

その結果、検索結果で上位表示されないという事態になってしまいます。

記事を書く場合には、1キーワードに対して1記事で書くことを徹底しましょう。

❹ キーワードからニーズを抽出する

4番目にやることは、キーワードから読者のニーズを引き出すことです。

読者のニーズを引き出すことができれば、記事をどのような内容にするべきかが分かるからです。

顕在ニーズと潜在ニーズ

キーワードからニーズを引き出す場合には次の2つのニーズをあぶりだすことがポイントです。

顕在ニーズ

読者本人がはっきりと自覚している欲求のこと

潜在ニーズ

顕在ニーズの裏に隠れて読者自身も自覚していない欲求のこと

私はこの記事の顕在ニーズ、潜在ニーズを次のように考えています。

キーワード:「アフィリエイト 記事 書けない」

顕在ニーズ

  • アフィリエイトの記事をスラスラとかける方法を知りたい
  • アフィリエイト記事が書けない理由が知りたい

潜在ニーズ

  • アフィリエイトで稼ぎたい
  • 検索結果で上位表示されたい

例えば、「検索結果で上位表示されたい」という潜在ニーズに対し、記事内で「検索結果で上位表示されるコツ」という関連記事を内部リンクしておけば、読者は進んで読んでくれます。

このようにニーズを引き出すことで、何を記事に書けばいいのかが明確化できるわけです。

❺記事の文章構成を決める

最後に、記事の文章構成を決定します。具体的にはニーズに沿って「見出し」と「読者に伝えたいこと」を決めていきます

その手順は以下の通りです。

  1. 顕在ニーズ、潜在ニーズともにその欲求を満たすことができる解決策を検討します。
  2. 検討した解決策から「見出し」を考えます
  3. それぞれの見出しごとに「読者に伝えたいこと」を書きだします。

例えば本記事の見出し「文章の型を使って記事をスラスラ書こう」を手順に当てはめると以下の通りです。

スクロールできます
手順検討結果
ニーズを満たす解決策を検討顕在ニーズ「アフィリエイトでスラスラと記事を書けるようになりたい」の解決策として、記事のテンプレートを提案
見出しを考える記事のテンプレートを提案する部分の見出しは「アフィリエイト記事のテンプレートを使おう」と決定
読者に伝えたいことを書き出す文章の型として、PREP法、PASONAの法則を紹介

このような流れで「解決策」⇒「見出し」⇒「伝えたいこと」を明確にしておけば、文章が非常に書きやすくなります。

見出しは抽出したニーズ1つに対し1つの見出しとなるようにすればOKです。

記事構成(例)

ちなみに私は、上記の記事構成シートを使って記事構成を作成しています。

記事構成の詳しい作り方の手順は、以下の記事で解説していますので、参考にご覧ください。

アフィリエイト記事が書けない理由

アフィリエイト記事が書けない理由

アフィリエイト記事が書けない理由には以下のようなものが考えられます。

★アフィリエイト記事が書けない理由

この中で1つでもあなたの悩みに当てはまるのがあれば、本記事の対処法が役に立ちます。

みゆき

それではさっそく対処法を見ていきましょう!

アフィリエイト記事が書けない悩みへの8つの対処法

アフィリエイト記事が書けない悩みへの8つの対処法

アフィリエイト記事を書けない場合の解決策は、以下の通りです。

★アフィリエイト記事が書けない場合の対処法

以下で深掘りします。

❶最初のうちは60点の出来でも記事を公開する

初心者のうちは、60点ぐらいの出来でもどんどん記事を公開していきましょう。

「思ったように記事が書けない…」と悩んでいると、いつになっても記事が公開できないからです。

初心者のうちは納得できる記事が書けないのは当然です。

インフルエンサーでも、ブログを始めたばかりの頃はまともな記事が書けなくて、後になって非公開にし、削除しているそうです。

私も、最初の頃に公開した記事は恥ずかしいほどお粗末です。

記事を多く書くにつれてどんどん文章力が上達し良い記事が書けるようになるので、気軽な気持ちで継続していきましょう。

ゆきお

最初はいい記事が書けないのは当然です。
気軽な気持ちでどんどん記事を書いていきましょう。

❷記事の執筆にかける時間を決める

「記事の作成に時間がかかりすぎる」という場合は、記事の執筆にかける時間を決めることがおすすめです。

執筆にかける時間を決めることで以下のようなメリットがあります。

  • ダラダラするのを防ぎ集中力が高まる
  • 些細なことに時間をかけられなくなるので完璧を求めなくなる
  • 執筆速度が安定して計画的に記事が書ける
  • 「短時間でもできる」という経験が得られる
みゆき

記事をきちんと書かなきゃ気が済まない人や、完璧を求める人にはオススメの方法です。

記事の作成に試行錯誤して、結果30点が70点ぐらいまで跳ね上がるのであれば良いですが、60点が70点になる程度だと時間の無駄になります。

なので、事前に「記事の執筆にかける時間」を決めておきましょう。

❸ライティングの型を学ぶ

「文章の書き方がわからない」という人は、ライティングの型を学びましょう。

ライティングの型を使えばスラスラと文章が書けるようになります。

読者に読んでもらうためには、わかりやすい文章を書く必要があります。

読者に最後まで読んでもらえる、わかりやすい文章を書くためのコツや考え方を学びましょう

アフィリエイト記事を書くのに役立つ本

ライティングの型を学ぶのに最適な、おすすめの本を2冊ご紹介します。

1冊目は『沈黙のWebライティング』です。

ライティングの考え方から具体的なテクニックまで記載されており、ライティングの基礎を学ぶのにおすすめの一冊です。

2冊目は『新しい文章力の教室』です。

「良い文章とは完読される文章である」という考え方を基本に文章力向上のためのヒントがたくさんちりばめられています。

❹成功者のやり方を取り入れる

「1円も稼げないので書く気が起きない」という人は、自分が選んだジャンルで成功しているアフィリエイターの記事を参考にしましょう。

何よりも成功者の考え方、やり方を徹底的にマネすることが上達する早道だからです。

私の場合だと、ブログジャンルで成功している以下のブロガーを参考にしています。

クニトミさんhttps://tabinvest.net/

ツヅキさんhttps://www.tsuzukiblog.org/

ヒトデさんhttps://hitodeblog.com/

なべたろさんhttps://blogger-no-mori.com/

こういった成功しているアフィリエイターのやり方を徹底的にマネしていくことが一番です。

ゆきお

成功者から学べば、書き方も上達できますし、最速で稼ぐことだってできちゃいますよ!

❺ 読者のニーズを明確にする

「何を書いたらいいかわからない」と悩む場合は、キーワードに込められた「読者の悩みや疑問」、そしてそこから炙り出した読者のニーズを明確にしておきましょう。

なぜなら読者のニーズを明確にすれば、その解決策を記事にすればいいだけだからです。

具体的にはこちらを参考にしてください。

アフィリエイト記事を書く前にやっておくべきこと_⑤記事の文章構成を決める

❻スマホで記事を書く

「毎日忙しくて記事を書く時間がない」という人には、スマホで記事を書くことをおすすめします。

スマホを使えば、以下のようなスキマ時間を有効に使い文章を作成することが可能です。

  • 通勤の電車やバスの中
  • お昼の休憩中(食事を素早く終えれば時間を有意義に使えます)
  • トイレの空き時間
  • お風呂の中

また、スマホでも音声入力が可能なので素早く文章を作成することができますよ。

みゆき

スマホなら防水加工されているので、お風呂でも記事が書けますね

❼有料WordPressテーマを導入する

「記事の見栄えが悪いので、モチベーションが下がっちゃう」という方には、有料WordPressテーマを導入することをおすすめします。

有料のWordPressテーマを導入すると

  • おしゃれな吹き出し
  • 見やすい比較表
  • クリックされやすいアフィリエイトボタン
  • などなど

いろいろな機能がクリック一つで使えます。

ゆきお

WordPressの有料テーマを導入すれば簡単にプロが作ったようなデザインになるので、記事を作成するのが楽しくなりモチベーションが上がること間違いありません。

以下の記事でおすすめのWordPressテーマをご紹介していますので、よければご覧ください。

❽SNSを活用する

「WordPressで記事を書くのが苦手」という場合は、SNSでアフィリエイトしましょう。

最近はSNSでアフィリエイトする方が増えてきており、月10万円~100万円を稼ぐ方も増えてきています。

令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)経済産業省 ECに関する市場調査
スマホ経由の市場規模経年推移

上図のようにスマホで商品を購入する人は年々増える傾向にあり、SNSを活用したアフィリエイト市場は今後も拡大していくと考えられます。

アフィリエイトが可能なSNSは以下の通りです。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
みゆき

SNSも成功者のやり方を参考にすればマネタイズの方法を学ぶことができますよ。

アフィリエイト記事のテンプレートを使おう

アフィリエイト記事のテンプレートを使おう

文章を書くのが苦手な場合には、アフィリエイト記事のテンプレートを使うことをオススメします。

成功しているアフィリエイターのほとんどがテンプレートを使っています。

今回は2つのテンプレートをご紹介します。

  1. PREP法
  2. PASONAの法則

それぞれ順に見ていきましょう。

PREP法

最初にご紹介するのはPREP法です。

PREP法は伝えたいことを説得力ある流れで説明できるテンプレートです。

PREP法

❶POINT(結論)

最初に結論を持ってくることで、読者の関心を引きます

❷REASON(理由)

結論の後に理由を書くことで、読者に「なるほど!」と思わせることができ、スムーズに文章を読ませることができます。

❸EXAMPLE(具体例)

具体例を出すことで、その結論に至った理由が理解できます。

❹POINT(再度結論)

そして、再度結論を伝える事で伝えたいことを読者の記憶に残すことができます。

具体的には以下のように使います

POINT(結論)

目的地までの徒歩での所要時間と行き方を調べる場合にはGoogleマップが便利です。

REASON(理由)

なぜなら、Googleマップにもナビの機能があるからです。

EXAMPLE(具体例)

例えば、Googleマップのルート検索で、最寄り駅を入力して徒歩での経路を表示すると、徒歩での経路を表示するとともに所要時間も表示してくれます。

POINT(再度結論)

徒歩での目的地までの行き方と所要時間を調べるときはGoogleマップを活用してみて下さい。

上記のように結論⇒理由⇒具体例⇒再度結論というテンプレートを使えば、初心者でもわかりやすい文章が書けます。

なお、PREPについて以下の記事で解説していますので、参考にご覧ください。

PASONAの法則

2つ目に紹介するのはPASONAの法則です。

PASONAの法則は「不安や失敗を取り除きたい」という心理に訴える方法です。

❶Problem(問題提起 )

読者の悩みを明確にし読者をひきつけます

❷Affinity(共感)

「共感」することで「この人はわかってくれる」と感じてもらいます。

❸Solution(解決策)

悩みに対する解決策を提示し読者を引き込みます。

❹Offer(提案 )

商品情報をデータなどで詳しく説明し、有益であると感じてもらいます。

❺Narrow down(絞り込み )

商品を紹介したら期間・対象を限定し「今、行動しなくては」と感じてもらいます。

❻Action(行動)

最後に具体的な「行動」をしてもらうための一押しをします。

PASONAの法則の具体例は次の通りです。

Problem(問題提起 )

英語を話せるようになりたいと思いませんか?

Affinity(共感)

とはいっても自分で勉強するのはハードルが高いですよね。

Solution(解決策)

私もハワイ長期滞在を目指しているので悩んでいましたが、英会話アプリで解決することができました。

Offer(提案 )

この英会話アプリだと、基礎から応用まで段階を踏んで効率よく学習が進められますよ。

Narrow down(絞り込み )

この英会話アプリをダウンロードすると、今だけ3か月無料で利用できます。

Action(行動)

今すぐこちらのリンクからお申し込みください。

PASONAの法則は商品・サービスのアフィリエイトにマッチする手法です。

ゆきお

PASONAの法則は実際に何度も使うことで身に付けることができますよ。

記事が書けない時にやってはいけない3つの行動 

記事が書けない時にやってはいけない3つの行動

記事が書けない場合に、やってはいけない事をご紹介します。

★やってはいけない事

  • ネットサーフィンをする
  • 情報商材を買い集めてしまう
  • 投げやりになって記事を書く

以下の深掘りします

ネットサーフィンをする

アフィリエイト記事が書けない時、「なんかネタはないかなぁ」といった感じでググる人は多いのではないでしょうか。

そして気が付いたら目的もなく興味の赴くままWebサイトをあちこち徘徊してた…という経験をした人も多いと思います。

本人は情報収集をしているつもりでも、実のところ効率的なインプットはできません。

Webサイトで情報収集する場合には「事前に調べたい内容についてまとめてからWebサイトを開き」インプットすることをオススメします。

みゆき

TwitterやInstagramを徘徊することも厳禁です。

情報商材を買い集めてしまう

アフィリエイト記事が書けないのは「インプット不足」が原因だと思い、情報商材をいくつも購入することもやってはいけません。

情報商材を購入するだけで、なんとなく安心してしまうからです。

ライティングのスキルを向上させることができるのは、「記事を書くこと」だけです。

アフィリエイト記事の書き方をインプットするなら、成功しているアフィリエイターのサイトを参考にするのがオススメです。

ゆきお

「どんな商品を紹介しているのか」、「どのようにマネタイズしているのか」を研究すると参考になりますよ。

投げやりになって記事を書く 

投げやりになって、低品質の記事ばかり書くのは良くありません。

低品質の記事ばかりのブログを、Googleは決して良い評価をしません。

また、低品質の記事ではどんなにたくさん書いてもライティングのスキルアップにつながりません。

みゆき

記事を書く時の実力で6割程度の完成度の記事を数多く書くことが、効率よく上達する秘訣ですね。

アフィリエイト記事が書けない人がよくする質問

アフィリエイト記事が書けない人がよくする質問

最後に、アフィリエイト記事が書けない人がよくする質問に回答していきます。

無料でアフィリエイトを学べる方法はありますか?

あなたの選んだジャンルで成功しているアフィリエイターのブログを参考にしてください。

何よりも成功者の考え方、やり方を徹底的にマネすることが上達する早道だからです。

「どんな商品・サービスをアフィリエイトしているか」「どういう導線でマネタイズしているか」という観点で分析すると、ヒントがたくさん見つかりますよ。

やる気がなくて記事が書けない時はどうしたらいいですか?

毎日、ブログを始める時間を決めましょう。

私は夜8時から何があっても机に座り、PCのスイッチを入れることに決めています。

そして10分だけでもいいのでブログに関わる作業をすることにしています。

これを10日も継続すると習慣化され、やらないと気持ちが悪くなること請け合いです。

だまされたと思って一度やってみて下さい。

文章力が上達するコツはありますか?

Twitterで発信する方法が効果的です。

最初は気になる人のメルマガやブログを要約してツイートしてみて下さい。

140字に要約する訓練をすると要約力がつきます。

慣れてきたら自分の考えをツイートしてみて下さい。

自分の考えを言語化することで文章力が格段に上達しますよ。

まとめ

まとめ

今回はアフィリエイトで記事が書けない理由とその解決策をご紹介しました。

★アフィリエイトで記事が書けない場合の解決策

  1. 最初のうちは60点の出来でも記事を公開する
  2. 記事の執筆にかける時間を決める
  3. ライティングの型を学ぶ
  4. 成功者のやり方を取り入れる
  5. 読者のニーズを明確にする
  6. スマホで記事を書く
  7. 有料WordPressテーマを導入する
  8. SNSを活用する

さらには、文章を書くのが苦手でも記事が書きやすいテンプレートもご紹介しました。

★テンプレート

  1. PREP法
  2. PASONAの法則

アフィリエイト記事が書けない理由をつぶしながらテンプレートを使ってアフィリエイト記事を書いてみて下さい。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、場数を踏めば書き方が身についてきますよ。

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次